過払請求無料相談info > 過払い金請求のデメリット

過払請求@着手金不要の無料相談:トップ > 過払い金請求のデメリット
過払い金請求はよいことづくめのようですが、特定のケースに限ってデメリットもあります。
債務整理や過払い金請求など借金問題で悩んでいるならまずは専門家に相談を! こちらへどうぞクリック! ▲こちらをオススメする理由。
①4万件の債務整理実績
②初期費用0円
③女性専用ダイヤルの設置
④全国対応24時間365日受付
⑤新橋駅徒歩1分で便利

過払い金請求のデメリットとは?

過払い金請求によって払いすぎたお金が戻ってきます。
人によっては一千万円もの過払い金が戻ってきた人もいるようです。
よいことばかりのようですが、デメリットもあります。
というのも、個人の信用情報に傷がつくケースがあるからです。

信用情報とは、いってみれば金融業者間で共有しているブラックリストです。
「この人は過去に金融取引や返済において事故を起こしました」
というリストに載ってしまうのです。

本来、返還してもらうべき過払い金の返金を受けるだけなのに、どうしてそんなデメリットが発生するのでしょう。

どうして過払い金返済がブラックリストに載るのか?

ひとことことわっておきますが、完済後の過払い手続きは、ブラックリストになりません。
完済前、すなわちまだ返済中の借金についての過払い金請求がブラックリストになるのです。
なぜかというと、完済前のそうした手続きは「債務整理」として解釈されるからです。

過払い請求の手続きでは、まず、利息の引き直し計算をします。
いわば、実行中の返済計画を見直すわけです。
これは、目的が債務整理でなく、過払い請求だったとしても、実質は任意整理としてみなされる手順にあたるのです。
また、金融業者によっては、完済後の手続きでも信用情報になんらかの登録をするケースもあるようです。
やはり手続きは、司法書士などの専門家に任せるのが安全なようです。

IT用語