過払請求無料相談info > 過払い金を返金してもらう方法

過払請求@着手金不要の無料相談:トップ > 過払い金を返金してもらう方法
過払い金を返金してもらう方法ですが、普通は弁護士や司法書士などの法律事務所を通して手続きをするのが一般的です。
債務整理や過払い金請求など借金問題で悩んでいるならまずは専門家に相談を! こちらへどうぞクリック! ▲こちらをオススメする理由。
①4万件の債務整理実績
②初期費用0円
③女性専用ダイヤルの設置
④全国対応24時間365日受付
⑤新橋駅徒歩1分で便利

過払い金を返金してもらう手続きとは?

過払い金を返金してもらうためには、まず、過払い金額を計算しなければなりません。
そのために必要なのが取引履歴です。
これを、取引のあった金融会社に開示請求します。
次に、それをもとに、利息の計算をやりなおします。
これを引き直し計算と呼びます。
この計算によって、過払い金の金額がわかります。
それが確定したら、その金額を金融会社に返還請求します。
その後、和解→合意書の作成→返金、という順番になります。

この手続き全体にはやはり数ヶ月。
早ければ1〜2ヶ月で過払い金の返金が実行されることもあります。

手続きや作業は、時間と根気があれば自分でも不可能ではありません。
しかし、専門的な書類の作成や、和解交渉(場合によっては裁判になるケースも...)などを考えると、司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。

和解できない場合はどうなる?

過払い金返金手続きの進行ですが、まず、和解で落ち着く場合の順番を整理しましょう。
こんな感じです。

取引履歴の開示請求
 ↓
利息の引き直し計算
 ↓
過払金返還請求書を送付する
 ↓
和解
 ↓
合意書の作成
 ↓
過払金返還

しかしながら、和解できない場合は、裁判となります。
そうすると、

訴訟→口頭弁論→結審→判決→確定→過払い金返還

となりますが、判決に不服があるばあいは控訴し、
さらに争う事になります。
その時間を無駄にしたくない、ということで、
全額ではなく、ある程度減額した金額で和解、というケースも少なくありません。

IT用語