過払請求無料相談info > 完済後の過払い請求

過払請求@着手金不要の無料相談:トップ > 完済後の過払い請求
完済後…すなわちすでに返済を終了したあとの過払い請求ですが、これはなんのデメリットもなく、得々づくめの手続きになります。
債務整理や過払い金請求など借金問題で悩んでいるならまずは専門家に相談を! こちらへどうぞクリック! ▲こちらをオススメする理由。
①4万件の債務整理実績
②初期費用0円
③女性専用ダイヤルの設置
④全国対応24時間365日受付
⑤新橋駅徒歩1分で便利

完済後でも過払い金請求ってできるの?

完済後の過払い請求=つまり、借金を全部返し終わったあとでも、その「払いすぎたお金」は請求できるのでしょうか。
借金を完済している=その金融会社との取引はすでに終了している...そんな状態でも、請求ってできるんだろうか?

と、疑問に感じる人もいるはずです。

結論を言えば、可能です。
というか、是非、行うべきです。

過払い金返還請求の時効は10年です。
取引を終了した日付から10年過ぎると時効となり、
その後の請求は不可能になります。
ですから、「10年くらい前に完済したかも」
という借金があるのならば、急ぐ必要があります。

完済後の過払い請求にデメリットはない。

過払い請求にはデメリットと言えるケースもあります。
それは、支払い途中の借金について過払い金の計算を行い、
その請求をすると、信用情報に傷がつくのです。

わかりやすく言えば、ブラックリストといわれるものに登録されるのです。
それは、返済途中の借金に対しての過払い金計算は、借金の任意整理とみなされるからです。

しかし、完済後でしたら、そのようなデメリットはありません。
ですから、10年以内に完済した借金があるのでしたら
できるだけ早くアクションを起こすことをおすすめします。

さて、過払い金の請求手続きにしても債務整理の手続きにしても、それを全部あなた一人でやろうとしても大変です。
法律事務所に依頼するのは一般的ですが、弁護士というと、最初から高額な費用を要求されるのでは、と二の足を踏んでいませんか?
良心的な弁護士事務所ならば、相談は無料でのってくれるので、まずは専門家へ相談しましょう。
ただ、法律事務所とひとことに言っても、債務整理や過払い金請求など、いわゆる借金問題が得意な事務所とそうでない事務所があるので、どこでもイイというわけではないので注意が必要です。

ここでは、債務整理や過払い案件の実績があり、口コミなどでの評判も高い良心的な専門家事務所をご紹介しておきます。
いずれも全国対応、相談も手軽に受けられるので一度連絡されてみてはいかがでしょうか。

ひとりで悩まずに、まずは専門家に相談してみましょう。いろいろリサーチするのが面倒ならばこちらをおすすめします。
こちらからどうぞクリック! ▲こちらをオススメする理由。
①4万件の債務整理実績
②初期費用0円
③女性専用ダイヤルの設置
④全国対応24時間365日受付
⑤新橋駅徒歩1分で便利

IT用語