過払請求無料相談info > 過払いの計算

過払請求@着手金不要の無料相談:トップ > 過払いの計算
過払いの計算は原理的には簡単ですが、実際に計算するときにはいろいろな数字をきちんと集めてからになるので、それなりの面倒があります。
債務整理や過払い金請求など借金問題で悩んでいるならまずは専門家に相談を! こちらへどうぞクリック! ▲こちらをオススメする理由。
①4万件の債務整理実績
②初期費用0円
③女性専用ダイヤルの設置
④全国対応24時間365日受付
⑤新橋駅徒歩1分で便利

過払金の計算はどのような考え方で行うのか?

過払い金の計算を実際に、かつ正確にやるためには、
これまでの借金の契約書や、その時の利息がいくらだったのか、
などを全部正確に把握する必要があります。

ここではまず、その「過払金の計算の考え方」を簡単に説明します。

まず、金融業者がお金を貸すときに法的に許されている利息は、
利息制限法で定められている利息です。
これは以下になります。
 ・借金が10万円までなら利息は20%が上限
 ・借金が100万円までなら利息は18%が上限
 ・借金が100万円以上なら利息は15%が上限

しかしながら、過去、多くの消費者金融業者は、
出資法でさだめられた利息の上限、
すなわり、金額に関わらず29.2%の利息をとってきました。

もし、100万円以上の借金の場合、
29.2-15=14.2%の利払い分が過払金=払いすぎたお金、
ということになります。

過払金の計算、そのために必要な数字は?

過払金の計算は、前述のような考え方に基づいて計算をすればよいわけです。
ただ、そのためには、冒頭で記したように
「過去・そして現在の借金の状況」を正確に把握する必要があります。

具体的にいえば、借入年月日、その金額、契約書での利息、弁済額、
未払い利息、などなどです。

もちろん、これを自分で調べて計算することも可能です。
しかしながら多くの人は、当初の契約内容や現状の弁済額など、
すらすら出てこないのが実情でしょう。
複数社の消費者金融を利用している人はなおさらです。

そういう場合、司法書士など法律の専門家に依頼するのも手です。

司法書士事務所は、各消費者金融業者に依頼して、
必要な情報の取り寄せもしてくれます。
もちろんある程度の費用はかかりますが、多くの場合、
戻ってくる過払金で十分にまかなえるはずです。

さて、過払い金の請求手続きにしても債務整理の手続きにしても、それを全部あなた一人でやろうとしても大変です。
法律事務所に依頼するのは一般的ですが、弁護士というと、最初から高額な費用を要求されるのでは、と二の足を踏んでいませんか?
良心的な弁護士事務所ならば、相談は無料でのってくれるので、まずは専門家へ相談しましょう。
ただ、法律事務所とひとことに言っても、債務整理や過払い金請求など、いわゆる借金問題が得意な事務所とそうでない事務所があるので、どこでもイイというわけではないので注意が必要です。

ここでは、債務整理や過払い案件の実績があり、口コミなどでの評判も高い良心的な専門家事務所をご紹介しておきます。
いずれも全国対応、相談も手軽に受けられるので一度連絡されてみてはいかがでしょうか。

ひとりで悩まずに、まずは専門家に相談してみましょう。いろいろリサーチするのが面倒ならばこちらをおすすめします。
こちらからどうぞクリック! ▲こちらをオススメする理由。
①4万件の債務整理実績
②初期費用0円
③女性専用ダイヤルの設置
④全国対応24時間365日受付
⑤新橋駅徒歩1分で便利

IT用語